津別峠

3月30日

今日は津別峠に行ってみます
ホントは摩周岳を予定してたんだけど昼頃から風が強くなるということでやめて
冬季通行止中の道路をハイクしてみます

ナカチャンベツの鶴、50羽くらいいます
津別峠 006

この2羽は求愛ダンスをしてました
津別峠 009

出発地点に着きました、峠に行くなら反対側からのほうが近いんだけど
そこまで行くのに車でかなり遠回りしないとならないので今日は屈斜路湖側からいきます
津別峠 013

9時半スタート、スノーモービルのあとがあります
津別峠 016

道はカーブだらけなんでショートカットしていきます
津別峠 024

沢に小鹿がいました
津別峠 025

気温は5℃、暑いのでウエアを脱ぎます、
津別峠 029

天気は薄曇り、林の中なんで風もありません
津別峠 032

朽ちた株から伸びてる
津別峠 035

ナビをみながらまたショートカットします
津別峠 038

気温が高く雪がシールに張り付いて重い、
なので足を上げず擦るように進みます
津別峠 043

だんだん急になってきたのでジグザグにいったり逆ハノ字でいきます
津別峠 044

やっと道路がみえてきました
津別峠 045

道路にでました、モービルのあともなく雪が深いです
津別峠 051

後ろには藻琴山がみえます
津別峠 053

カーブミラーも埋もれてこんなかんじ
津別峠 057

斜面では雪玉ができてます
津別峠 058

うまいこと丸まってるね~
津別峠 059

このあたりから風が強くなります
もう昼は過ぎてますがお湯を沸かす余裕もないので大福を食べて進みます
津別峠 061

[広告] VPS


津別峠に着いたようです3時間かかりました
津別峠 063

ちょうど弟子屈との境になってるんだね
津別峠 064

森の中からスノーシューのあとがあります
たぶん森つべつ(温泉)から登ってきたんだと思われます
津別峠 067

展望台まで2kmか、2kmといってもずっと登りだしな~
とりあえず14時をタイムリミットにして行ってみます
津別峠 069

雄阿寒岳もみえてきました
津別峠 071

津別峠 082

津別峠 083

展望台がみえてきました
津別峠 084

展望台です、時間は13時50分、なんとか2時までには着いた
スタートからは4時間半
ここも風が強いのでバナナと饅頭を食べて下ります
津別峠 086

[広告] VPS


サマッカリヌプリ、この向こうに津別スキー場跡があるはず
津別峠 099

帰りもショートカットしてみます
がターンもできなければ止まることもできないので大変
スキーとしては最低だね( ´△`)
津別峠 103

小指が靴擦れを起こしたようで痛い( ´△`)
先は長いのでカットバンを貼ります
この薬箱?はじめて役に立った気がする
津別峠 109

その後もショートカットしながらいきます
津別峠 111

がシールが付いてる為、スピードが遅くなるといきなりブレーキがかかり転びます( ´△`)
津別峠 112

黒いものが横ぎったのでカラスかと思ったらクマゲラでした
津別峠 116

津別峠 125

湖がみえたらゴールも近いです
津別峠 127

ゴール、時刻は17時、帰りは3時間かかりました
ふくらはぎの筋肉が限界( ´△`)
普通のスキーなら1時間位でくるはず
やっぱり取り外しができるシールにしないとダメだね~
津別峠 129



スポンサーサイト
2012-03-31(Sat)
 

阿寒湖畔スキー場

3月25日

今日はRさんと阿寒湖畔スキー場に行ってきました

阿寒町の道の駅で待ち合わせ
除雪で遅れるということなんで鶴を見に行ってみます
阿寒 011

といってもここはシートで見れないようになってます
(お金を払えば中に入れる)
でも雪の山があるのでのぼってみます
阿寒 004

見えました、親子かな
阿寒 007

反対側で「クワークワー」と鳴いてるのでみてみたら
白鳥がいっぱい
どうやらエサを拝借しにきてるようです
阿寒 010

しばらくしてRさんがきたので1台でスキー場にいきます
その前に鶴雅に寄って券を買います
今日は「まる遊チケット」というのを買ってみます

リフト4時間・スノーモービル・バギー・バナナボート・入浴・クーポン300円分
がついて2500円、これは安いね~
まだ足も痛いので4時間も滑れば十分
阿寒 030

スキー場に着いて着替えようとしたら
Rさん、ウエアを車に忘れてきたらしい( ´△`)
ということでジャンバーとジャージで滑ります
阿寒 014

昨日からの雪でこの季節にはありえないパウダー
阿寒 025

昼ごはんはラーメンセット、先ほどの300円券が使えるので
900円が600円に
阿寒 031

昼から1時間ほど滑って阿寒湖に行きます
オレはヘルメットカメラで撮影、
スノーモービルの映像が映ってなかった( ´△`)

その後温泉に。Rさんホテルまでマラソンの練習といって走っていきます
阿寒 046

風呂上りにじゃがいもを食べ腹がいっぱいになったところで帰ってきました
阿寒 068

道の駅につきました、Rさんの車の後部席にはウェアが( ´△`)
阿寒 072

-動画-
曲はRさんにちなんでまた「ヤングマン」(謎)

[広告] VPS




2012-03-26(Mon)
 

釧路町森林公園

3月20日

今日は昼から釧路町にある森林公園をスノーハイクで散策してみます

車はここまで。
釧路町森林公園 001

雪が解けてきたせいか鹿もいます
釧路町森林公園 005

散策路には道がついてます
スキーじゃなくても大丈夫そうです( ´△`)
釧路町森林公園 007

すぐにスノーシューのおじさんとすれ違います
「シールつけないで登るのかい」
『いや、一応ついてます』
ちょっとみせてくれないかい?とスノーハイクに興味深々のようです
いろいろと聞かれたけど値段はあえていいませんでした( ´△`)

トレースはツボ足とスノーシュー、スキーとあります
上に行くにつれ雪が深くなります
やっぱりスキーが一番埋まらないね~
ツボ足は大変そう~
釧路町森林公園 010

見覚えのある小屋がみえてきました
釧路町森林公園 014

この足跡は前にスノーシューできた時のものだね
今日は滝は見にはいきません
釧路町森林公園 016

下りはシールがついてる為、スキーのようにはいかないけど
ストックを使ってスィースィーと行くことはできます
釧路町森林公園 018

これはうさぎかな、爪のあともみえる
釧路町森林公園 026

ちょっとショートカットしてみます
坂を滑ったら前のめりに転びました( ´△`)
かかとが浮くのを忘れてました
釧路町森林公園 030

おかえり、早かったな
釧路町森林公園 031

約2時間弱で戻ってきました
スノーシューなら3時間くらいかかるかも
釧路町森林公園 034

スキー場では全然ダメだったけど、こういうところを歩くにはいいね~
次はもう少し長い距離を行ってみようかな~

2012-03-23(Fri)
 

トマム~つづき~

スキー場をあとにしてお風呂にいきます

お風呂はスパハウスの中にあるということです
いきなり南国、目の前に水着の人達、ちょっとビックリです
トマム 053

男湯はこのプールの奥にあるということで
水着姿をチラチラみながら行きますヾ(・ω・o) ォィォィ
トマム 055

ジャグジーもありますがここに入ってはいけません
水着専用です
トマム 054

ここが入口
トマム 056

中にはいると水風呂が1つだけ、回りに洗い場
内風呂はないようです
トマム 057

なのでいきなり露天風呂に行きます
体が温まってないのに外はきびし~
大きな露天風呂があります、湯気でよく見えなかったけど。

ここは温泉じゃなく真湯です、温泉ならいいのに( ´△`)
内風呂がないのでここに入ってるしかありません
でもサウナはあります、で水風呂なんだね

あとリラクゼーションルームがあり
温室に寝るタイプのチェアーがあります
ここで横になってたらいつの間にか寝てました( ´△`)

しかしなぜ内風呂がないんだろう?予算がなかったのかな
ほとんどの人が入ったらまず風呂を探してました(・_・= ・_・)

風呂から上がり帰ることにします
帰りもトマムー清水間だけ高速に乗ります

途中、トイレタイム
ここは何年か前に4人くらいでバスツアーでサホロに行った時にもトイレ休憩したところです
なぜか男子トイレにエロ本の自販機があって、話のネタに買おうとしたらお金が戻ってこなかった思い出があります、
たしか500円( ´△`)
トマム 058

トイレは改装してて自販機もなくなってました
隣にそばの自販機もあったはずと行ってみます

まだあった!
なつかしい、1つ買ってみることにします
トマム 060

が、お金を入れても反応なし、販売中のランプはついてます
釣り銭レバーを押したら200円しか戻ってきません(入れたのは300円)
あれ!またのまれたか!とおもい自販機を叩いたらチャリーンと戻ってきた( ´△`)

もう一度ゆっくりお金いれてみたけどやはり反応なし
今度はおつりもでてきません
え~!と思いまたガンガン叩いたらジャラジャラーンとでてきました

540円( ゚Д ゚ )
なんかしらんけど240円回収できたようですヾ(・ω・o)
トマム 061

そのお金でインデアンでカレーを食べて帰ってきました
トマム 062



めでたしめでたし?




2012-03-20(Tue)
 

トマム

3月18日

そういえばトマムの割引券があったんだということでトマムに行きます
前日、アルムホテルへ。
もう寒くないので車中泊でいいんだけど1泊2200円だと泊まっちゃうんだね~

チェックインして鳳の舞(温泉)に行きます、ここも久しぶりだ
ここには電気風呂があるので足が早く治るように入ります
前はビリビリして入れなかったけど、電気の強いところと弱いところがあるのがわかったので
入れるようになった( ´△`)

ホテルに戻りやきそば弁当をつまみにビールを飲みます
が箸を忘れた、いろいろと探した結果
歯ブラシで食べることにしました( ´△`)
トマム 001

翌日、朝食を食べトマムに向かいます
清水から高速に乗ります
思えばETCをつけて初めての高速
配線を自分でしたのでドキドキしながら通ります
無事に開きました( ´△`)
トマム 004

トマムにつきチケットを買います
割引券は1日券・昼食・入浴券がついて3900円、これは安いね~
チケット売り場、センターハウスの中になったんだね
トマム 005

冬山解放区の受付をしてビブを来て出発~
トマム 007

上のほうはガスってます
トマム 016

そのせいで第8リフトも運転を見合わせてます
トマム 017

しょうがないのでタワーがあるほうの山にいきます
トマム 019

今日は気温が高いのでほとんどパウダーはありません( ´△`)
一番右側のリフトは半分までになってて上まで行けなくなってました
なのでそこからはハイクしていくようなのでちょっと登ってみます
けっこう距離があるのでそこから滑ります
オレの後ろをきた人達がスタッフに怒られてました( ´△`)
ここはビブを来てないダメなようです
トマム 023

まだ早いけど混まないうちに昼にします
昼食券は1050円まで使えます
スパゲティ1000円、たっか~
トマム 024

一旦車に戻り、これに履き替えます
スノーハイク、これでさっきのところをハイクしてみようと思います
トマム 025

リフトを乗り継いで行きます
滑りだしてみるとめっちゃ怖い、エッジが効かずターンができない、これはムリだわ
スケートいう丸っ刃状態
登行はガシガシいけるんだけど滑りが全然ダメ、超初心者状態
ハノ字すら止まらない、エッジが効かないからかなり荷重しないとブレーキがかからないから足も痛い
ということでまた戻ってボードに履き替えます( ´△`)
トマム 022

で今度はツボ足で行きます
30分くらい登って上につきました、汗だくです
誰もいません、貸切です
トマム 030

このリフトはもう壊れてるようです
トマム 032

ここ、避難小屋に使えるかも
トマム 033

2~3人のトレースがあります
トマム 034

ここパウダーだったらめっちゃおもしろいんだろうな~
トマム 036

時間は2時、ちょっと早いけどハイクでかなり汗もかいたので帰ることにします

この重機を運転してるのは
トマム 027

子供です( ゚Д ゚ )
トマム 028
そういう体験イベントらしいです

今日はすごく子供がいたね、もう春休みかな
トマム 049

その後、スパハウスにいってお風呂に入ります

なんか長くなったので

~つづく~
2012-03-19(Mon)
 

スノーハイク

スノーハイク買いました

先日オンネトーに行ったとき、スノーシューだと時間がかかりすぎ、
スキーなら半分くらいの時間で行けるんじゃね?と思っていたところ
オークションで展示品が安く出品してたので購入~
安くと言っても3000円引きくらいだけど

これがスノーハイク、
スノーシューとスキーのいいとこ取りということで
普通の靴でOKということで靴を買わなくてすみます
スノーハイク 001

裏はこんなかんじ、シールがついてて登り坂もいけます
ノーマルシールなんでこのままで滑ることもできるということです
スノーハイク 003

このシールただ貼ってあるのかと思ったら溝が掘ってあってその中に貼ってるようです
滑ってるときにはがれないようになってるようです
スノーハイク 010

テールに溝はありません、ただ貼ってるだけ
スノーハイク 011

問題はこれ、ビンが金具じゃないのでどこまで強度があるのか
プラスティックなんで劣化して切れないのか心配
スノーハイク 013

履いてみたら左右にも若干動く、歩くにはいいけどターンとかできるのかな?
これを固定するものがあればいいのに。
スノーハイク 014

シールが貼ってあるとはいえ、やっぱりワックスは必要だと思うんで前後の面にかけます
展示品なんで若干サビがありますが滑っているうちになくなる程度です。みたいなことを書いてたけど
けっこうサビついてたのでこれも落とします
というか滑ったくらいでサビは落ちないだろう?

まぁ、どうなることやら( ´△`)

2012-03-19(Mon)
 

無名の滝

今日は昼からスノーシューで散歩にいきました
目指すは無名の滝

この滝は釧路町にあってオレが小学生のころは車から見えてたんだけど
年々木の成長とともに見えなくなってしまいました
でも冬は葉が落ちるのでちょっとだけ見えます

ということで近くの駐車場からスタート
ホントは道路沿いに行けばすぐなんだけど今日はあえて裏から行ってみます
無名の滝 001

時間はすでに3時、ナビと地形図を見ながらルートを探します
とりあえず沢を行きます
無名の滝 006

だんだん険しくなってきました
で雪も深いので山に登ってみます
無名の滝 007

この辺がピークかな
遠くで鹿が鳴いてます
無名の滝 008

道にでました
よくみたらスノーシューのあとも
どうやら森林公園の散策路にでたようです
無名の滝 014

小屋もみえてきました
無名の滝 016

足跡は右についてますが
無名の滝 021

ここから柵をこえて左にいきます
無名の滝 019

この時点で4時、来た道を戻るなら今だけど滝はまだ先なので進みます
急斜面を下り沢を行きます、この先が崖だったらアウトです( ´△`)

国道が見えてきました、崖じゃなくてよかった
無名の滝 022

この辺で雪が降り出します、ヤバイな~日没が早くなる
まだ滝はみえません、時間がなくなったら国道を行けばいいか( ´△`)
無名の滝 024

しばらく行くと見えてきました、滝です
無名の滝 023

落差はないけど一応、滝です
無名の滝 027

途中もう1つ滝があります
雪も激しくなり時間もないので近くには行きません
無名の滝 033

国道にでました、スノーシューをはずし道路脇をいきます
車がビュンビュン走ってて怖いです
無名の滝 035

途中深いところもあるのでまたスノーシューを履きます( ´△`)
無名の滝 037

滝からは30分、ちょうど5時にゴール
2時間の散歩となりました
辺りはすっかり雪景色になってました
無名の滝 041

雪のあるうちにもう一回行こうかな~
今度は道路沿いに( ´△`)

2012-03-16(Fri)
 

藻琴山

今日はHさんと藻琴山に行ってきました
ほんとはもっと早く行く予定だったけどオレの足のケガの治りが遅くやっと行くことに( ´△`)

途中の牧草地で鶴がいました
藻琴山 004

標茶で合流して藻琴山へ、天気は上々キャンプ場から登ります
気温は-6℃、30分もしないうちに汗だくです
今日は背中にタオルを1枚入れてきました
あとでタオルを出してみたら汗でグッショリ、着替えなくてもいいからこれはいいかも
藻琴山 006

稜線にはたくさんの人が。
藻琴山 017

途中から屏風岩まで上がり写真をとります
藻琴山 021

頂上には常時、人がいました
藻琴山 028

北側の尾根で昼食
その後滑りだします
Hさんは登りかえして滑りますがオレはまだ足が不安なのでカメラ役( ´△`)


その後キャンプ場に着きまだ時間があるので
コタン温泉にいきます
ちょうど誰も入っていませんでした
藻琴山 054

白鳥もたくさんいます
しばらくすると人がやってきたので風呂から上がり帰ります
藻琴山 055

標茶でHさんと別れ信号待ちをしてたら、横にHさんが( ゚Д ゚ )
座布団の下に財布を忘れたいうことで追いかけてきたらしい
少しもらっとけばよかったかなヾ(・ω・o) ォィォィ

[広告] VPS


2012-03-11(Sun)
 

オンネトー

3月4日
今日は前から行こうと思ってた冬のオンネトーに行ってきました
まだ足は痛いのでスノーシューで長い距離は歩けるのかも兼ねて。

前日、久々の車中泊、赤いベレーの温泉に入って道の駅で就寝
さすがに誰もいないかなと思ったら5台もいた
朝、顔が寒くて起きてみたら-16℃、なかなか寝袋から出れません
エンジンをかけ車内が暖まったとこで起きだします
オンネトー 005

阿寒富士
オンネトー 006

雄阿寒
オンネトー 010

オンネトー 015

8時半過ぎ、野中温泉の駐車場に着きます
ここからは冬の通行止めなんでスノーシューでオンネトーに向かいます
散策路にはちゃんと道がついてます
オンネトー 021

今日はまだ誰も通ってないようです
キツネ?の足跡はあります
オンネトー 038

森の中は日陰なので寒いです
でも風はないので小鳥の声とクマゲラ?の音が聞こえます
オンネトー 022

オンネトー 033


森の妖精もいます?
オンネトー 031

オンネトー 039

1時間弱で湖に出ました、めっちゃ眩しい、サングラスしてきてよかった
道がついてるのでそのあとをいきます
オンネトー 043

雌阿寒もみえてきました
オンネトー 047

ホントはキャンプ場に行きたかったんだけど
ところどころ氷が解けてるところがあるのでまっすぐにいきます
オンネトー 049

雲が虹色になってる、写真じゃちょっとわかりずらいけど
オンネトー 054

道は茶屋に続いてました
オンネトー 050

湯の滝にも行ってみます
ここからは雪が深いです
オンネトー 051

オンネトー 055

オンネトー 057

なんだろう?巣穴?ツララが下から育って?ます
オンネトー 059

湯の滝に着きました
さすがに湯なんで凍ってないね
オンネトー 065

シャッターが閉まってる、ここで昼ご飯を食べようと思ったのに。
オンネトー 066

なので上のもと脱衣所まで行ってみます
オンネトー 071

時間は11時過ぎ、早いけど昼にします
オンネトー 075

オンネトー 078

ご飯を食べてる間に誰かきたようです
歩くスキーだね、たぶん2人。
オンネトー 080

おかげで帰りは少し楽になりました
こういう平坦なところならスキーのほうがよさそうだね~
オンネトー 083

帰りは湖じゃなく道路を行ってみます
オンネトー 087

ミラーがあったので写真でも
オンネトー 089

こっちのほうが楽かと思ったけど雪が深い
左足をかばってたからか右のヒザが痛い
休みながらいきます
オンネトー 097

錦沼によってみます
オンネトー 100

赤いね~、さびの臭いがします
オンネトー 101

沼自体は雪の下になってるようです
オンネトー 102

1時間半ほどで戻ってきました
約5時間の散歩、けっこういい運動になったね、
足もなんとかもちました。
オンネトー 104

[広告] VPS


その後、まだ時間があるので阿寒湖でワカサギのひっかけ釣りをします
今年のワカサギは型がよさそうです
オンネトー 107

料金は30分、600円
家族やカップルがキャーキャーいいながら釣ってる中、
オレは職人のように黙々と釣ります( ´△`)

その後、鶴居の温泉に行き帰ってきました(「HO」で無料)
月が出てたので1枚
オンネトー 110

ワカサギは164匹、十分もとはとったね
数えるの大変だった( ´△`)
オンネトー 114



2012-03-05(Mon)
 
プロフィール

はまちゃん

Author:はまちゃん
夏は登山

摩周岳・西別岳・藻琴山・サホロ岳・雌阿寒岳・阿寒富士 雄阿寒岳・白湯山・辺計礼山・白雲山・天望山・東雲湖・武華岳 黒岳・桂月岳・旭岳・武佐岳・斜里岳・武利岳・仁頃山・標津岳 東ヌプカウシヌプリ・西ヌプカウシヌプリ・原始が原・上ホロカメットク・十勝岳・岩石山・トムラウシ・平山・比良麻山・羅臼岳・お鉢平・北鎮岳・剣山・ニペソツ・永山岳・比布岳・安足間岳・白雲岳・緑岳・赤岳 当麻岳・沼ノ平・高原沼・ウペペサンケ・アトサヌプリ・美羅尾山・姿見駅・黒岳駅・雨竜沼湿原・芦別岳・利尻富士・南斜里岳・中斜里岳・東斜里岳・十勝幌尻岳・伏美岳・アポイ岳・富良野岳・美瑛岳・羊蹄山・駒ヶ岳・アンギラス・ニセイカウシュッペ・愛別岳・石垣山・音更山・紅葉谷・三国山


-BC-
美羅尾山・藻琴山・天狗岳・津別峠・サマッカリヌプリ・黒岳

冬はボード

ビラオ・阿寒湖畔・阿寒ロイヤルバレイ・鶴丘・
メビウス 若松・北大雪・金山・津別・糠平・サホロ・
トマム・メムロ 白銀台・マウントレースイ・日勝
・旭岳・カムイスキーリンクス
比布・富良野・国際・ニセコ・キロロ・オーンズ・
テイネ 盤渓・藻岩山・ルスツ・真駒内・ピヤシリ・黒岳・明野ヶ丘・レークビュー・明野ヶ丘・ウナベツ

フリーエリア
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

自作オセロ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR