ランニング

4月29日


今日は夕方からランニング
釧路川の右岸を走ります

休みということもあって釣り人がいっぱい
アメマス釣りだと思うけど誰も釣ってないようです
こんだけ濁ってれば釣れないんじゃない

湿原大橋まできました、ここから引き返します
2ランニング

途中まできたところ建設中の釧路新道につづく道があったので行ってみます
誰もいません(当たり前( ´△`))
橋のところからは舗装されててとても走りやすい
tn2.jpg

しばらく行くと砂利道に
孝仁会病院の裏にくるんだね
まだ道は続いてますがここで引き返します
誰もいないので気兼ねなく立ちションができますヾ(・ω・o) ォィォィ
koujinnkai.jpg

釧路川のところでは下を走ってる人がこっちをみてました
「あそこ、走れるのかー」と思ってるに違いない
立ち入り禁止だから走れませんよ(ΦωΦ)

ちょうど1時間走って8km.
どこか反対側から行ける道はないのか、今度探してみるかな(ΦωΦ)

その後、昭和の大喜湯に。
ここの2階の風呂がぬるくていいかんじです

夕食はもりそば大盛550円
味は春採店と同じだけどこっちのほうが若干固めに茹でてるような気がする
券売機にいるおじさんがこっちをチラチラみてる
オレと同じものを頼むんじゃない?
そば大盛


やっぱり( ´△`)
たいき湯
スポンサーサイト
2012-04-30(Mon)
 

トレラン(申し込み)

4月26日

今日は5月20日に行われる狩勝トレイルランニングの申し込みをしました
前から友達に誘われてたけど、トレランって登山の時にたまに走ってる人をみたことあるけど
あんな過酷なものはない、もし転んだら大ケガするし、山の中で足をくじいたら即救助要請じゃない( ´△`)

と思ってたけど狩勝の10kmコースはそんなに標高差もないし登山道でもなく旧鉄道跡ということで
これなら行けるんじゃないかと
オンロードの道と違ってタイムもそんなに気にしなくてもいいんじゃないかと。

ということで練習~
別保公園からスタートして新しくできた武佐への環状線をいきます
ランニング

ここは登りなんで練習にはいいかなと。
でもけっこう距離あるので途中の橋で折り返すことにします( ´△`)
まずは増えた体重を減らして少しでも足に負担をかけないようにしないとね。

結局50分かけて6.5km走りました。おっそー( ´△`)
ジョギングレベルだね、まぁ徐々に走れるようにしましょう

その後はすき家で新発売のキンピラごぼう牛丼
牛丼

キンピラって久しぶりに食べた気がする
う~ん、別に牛丼にのせる必要はないねヾ(・ω・o) ォィォィ

2012-04-27(Fri)
 

黒岳

4月22日

今日は黒岳に行きます

前日、もう峠も雪もないので石北峠からいきます
星がキレイだったので1枚
クリックしたほうが見えるかも
黒岳 006

層雲峡の駐車場で車中泊、誰もいません
黒岳 008

朝、ここは山に囲まれてるので日の出が遅いです
黒岳 013

氷瀑祭り跡もみえます、無残
黒岳 015

ロープウエイは8時からだけどリフトは9時からなんで8時40分のに乗ります
観光客はもう春の恰好だね
黒岳 028

リフトを乗り黒岳を目指します
ツボ足でいく人もいるようです
黒岳 037

すぐに汗だく、けっこう急です、雪は表面だけ解けてるかんじではまったりはしません
が滑るので一歩一歩足場を作って登ります
ふくらはぎが攣りそう、休みながらいきます
黒岳 040

後ろから3人、ツボ足で登ってきます
黒岳 041

黒岳の肩まできたところ、すごい風、ボードがあおられて何度もコケそうになります
黒岳 044

この分だとピークはもっとひどいので、まねき岩あたりから滑ることにします
あと15分くらいだけどこの先はアイゼンじゃないと危険です
ここまでで1時間半かかった

黒岳 049

雪はシャリシャリ、10分ほどでリフト降り場につきます
風がなかったらピークで食べようと思ったカップ麺を食べます
黒岳 057

ニセカウ方面がキレイ
この後、駅まで行ってロッカーにザックとウェアを入れて
フリースで滑ります
雪質は良くないのでグラトリの練習でもと思ったけど足が痛い
やっぱりまだ治ってないんだね( ´△`)
黒岳 064

4回ほどリフトに乗って帰ることにします



まだ3時前なんで滝もみてみます
まだ半分凍ってるかんじだね
黒岳 077

その後塩別のつるつる温泉にいきます
ここは名のとおりつるつるします、特に床が( ´△`)
黒岳 084

何度か鹿が横ぎるので事故らないように帰ってきました
黒岳 088

[広告] VPS
2012-04-23(Mon)
 

ランニング

今日は夕方から今年初のランニング

先日買ったシューズを下ろします
ナイキのトレランモデル
ランニング 002

みたかんじあまり普通の靴と違いはないけど
裏が厚めでグリップがデカイ、
これなら軽登山もいけないかな~
斜里岳で沢靴とこれを持っていけばいいかも
ランニング 003

ということで?春採湖にきました、気温は5℃
ここを1周します
まだ氷が張ってます
ランニング 010

さすがに体が重い、思えば今年は2月、3月とケガでボードに行けなかったせいか
3kg太ったしな~( ´△`)
足もまだ万全じゃないのでゆっくり行きます

病院の裏にはカラスがいっぱい
なんでいつもここだけいっぱいいるんだろう?
霊がいっぱいいるのかな?( ゚Д ゚ )
ランニング 008

鯉もいます、水温が低いせいか、動きが鈍いような。
ランニング 013

1周37分、おっそ~( ´△`)
まぁ最初だからこんなもんか、足もなんとか大丈夫そう

その後、大喜湯に入ってそばを食べます
そば


ここのそばはなんてことないそばなんだけど
そば汁がなんていうか

甘からず、、、辛からず、、、










・・・うまからず( ´△`)
2012-04-19(Thu)
 

天狗岳

4月15日

今日は天狗岳に行きます

例により前日出発~
美幌峠からの屈斜路湖
天狗岳 006

斜里岳
天狗岳 005

端野町あたりで日没、明日はいい天気になりそうです
のんたの湯で温泉に入りご飯を食べます
天狗岳 010

丸瀬布の道の駅、ここでの車中泊も久しぶりだ
天狗岳 012

朝の気温は-2℃、快晴です
北大雪スキー場がみえてきました
天狗岳 015

駐車場には立ち入り禁止の看板、
何十年も登山の山として親しまれてきたのになんでそういうことするかな~
雪上車から見えず危険ですみたいなこと書いてるけどそういう問題じゃないだろう
天狗岳 017

駐車場はちょとぬかるんでてはまったら嫌なんで今日はロッジ前の道路に車をとめて、ここからいきます
駐車場には2台、あとから三台ほどやってきました
天狗岳 018

時間は8時10分
今回はリフト下ではなく右のコースからいきます
リフト下のほうが距離的に近いけど急なところはジグザグに登るので大した変わらないんじゃないかと
気温はどんどん上がり10℃、すぐに汗だく
天狗岳 022

汗が目にはいるのでタオルを巻いていきます
金正日の専属調理人みたいだヾ(・ω・o) ォィォィ
天狗岳 024

雲1つなく、無風、暑くてバテます
天狗岳 029

1時間ほどで右コースの肩にでます
天狗岳 026


スノーモービルの跡があるのでそこをいきます
天狗岳 031

汗でシャツも濡れてしまったので全部脱いで着替えます
上半身裸でも全然寒くないです
その後はシャツ1枚でいきます
天狗岳 032

すると後ろからガーッと音がするんで何だ?と思ったら雪上車がやってきました
まだキャットツアーやってるんだ、4月1日で終わったと聞いてたのに。
でもこの雪質で2万も払うんなら旭岳にでも行ったほうがいいんじゃね?
何か言われたら嫌なんで端のほうを歩きます( ´△`)
天狗岳 033

でそのあとは雪上車のあとを歩きます(ΦωΦ)
天狗岳 037

だいぶ登ってきました、
天狗岳 039

チトカニウシがキレイです
天狗岳 040

ピークが近いので近道してみます
がハイマツがひどい、ちょっと失敗( ´△`)
天狗岳 046

ピークの反射板にでました、2時間半かかりました
天狗岳 047

かかとが靴擦れを起こしたようで痛い
カットバンを貼り30分ほど休憩、パンを1つ食べます
シャツとタオルはここに干していきましょう~
天狗岳 055

これから天狗岳に向かいます
天狗岳 049

誰かツボ足で行ってるようなんでそのあとをいきます
天狗岳 048

でも時々はまるようで
途中からスノーシューの跡に変わってました
天狗岳 056

前天狗の斜面で登ってる人をみました
天狗岳 050

悲しいことに、ここからは写真がありません( ´△`)
どうやらカメラを落とした時にどうかなったようです
帰りに動画を撮ろうとしたらメモリーがOですと表示されてたんでメモリーカード
を入れなおしたら直った、
普通に動いてたんで写ってるとばかり思ってた( ´△`)


その後、前天狗に差し掛かる時に高齢のおじさんとすれ違い
天狗岳は写真だけ撮ってきたと。
でもう1人スキーの人が天狗に行ってるとのこと
なんでも去年スキーで靭帯をやっちゃって今日は久々の登山でスノーシューで降りるとのこと。
山がすきなんだね~

前天狗と天狗のコルに行ったところでもう1人の人とすれ違いました
頂上の岩場はスノーシューも脱いだほうがいいとのこと
この人はスキーでここまできて急なとこはツボ足できたようです

前にきた時、最後の岩場には鎖があったけど今日は雪で見えません
なので横の枝にしがみつきながら登ります

13時頃、天狗岳に着きました
ここで携帯でも何枚か写真をとったのでそれをのせます
周りの山は全てみえます
ここで動画も撮ったのにな~( ´△`)
tn5.jpg

標識も新しくなってました
でも向きがいまちだね~
tn4.jpg

有明山方面
tn3.jpg

祠も健在
これどうやって運んだんだろう?
ここで建てたのかな~
tn7.jpg

ここで昼にしようと思ってたけど帰りの登り返しで時間がかかりそうなんで
小天狗まで行くことにします
実際、雪がゆるんできて何度もはまり苦労した( ´△`)
tn.jpg

小天狗にきたところでボードを背負った若者がいました
ここの斜面を滑りにきたようです
ここまできたらあとはそんなにキツくはないのでおにぎりを食べます

反射板で干したシャツを回収してあとは一気に滑り下ります
この気温なんでさすがにパウダーではないけど
斜度があるところではそこそこおもしろいです

斜度がなくなるといきなりブレーキがかかり
ノーズが刺さってぶっ飛んだ( ゚Д ゚ )
これはまた足首やったかー
とおもったけどうまい具合に一回転したので大丈夫でした
フロントフリップってこういうかんじでやるんだね~ヾ(・ω・o) ォィォィ

帰りは15分でした( ´△`)


その後白滝の道の駅でコーラをがぶ飲みして
美幌の峠の湯に行きました
お風呂で鏡を見てみたら顔が雪焼けして赤くなってる
目だけは白く逆パンダ目( ´△`)

ずっとサングラスしてたから雪の眩しさに気がつかなかった
顔が陽に焼けるのはいいけど逆パンダ目は恥ずかしい
バカボンの警官みたいだ( ´△`)

[広告] VPS


2012-04-16(Mon)
 

サマッカリヌプリ

4月8日

今日はサマッカリヌプリに行ってみます

前日、相生の道の駅に車中泊
誰もいません、で寒い、さすが山の中
旧津別スキー場 003

月がきれい、満月か?
旧津別スキー場 004

朝の気温は-9度。天気はいいです
今日は旧津別スキー場から登ってみます
入口から牧草地までは除雪してありました
ここから林道を歩きます
スキーのトレースがありました、やっぱり登ってる人いるんだね~
旧津別スキー場 007

今日は帰りのことを考えてボードを背負っていきます
で足はスノーハイク、ということで帰りはスキーを背負って滑ります( ´△`)
すぐに鹿ゲート、普通なら開くんだけどここのは鍵がかかってます
たぶんスノーモービル対策なんじゃないかと
旧津別スキー場 009

ゲートのせいか鹿はいません、あるのは小動物の足跡ばかり
旧津別スキー場 013

分岐です、トレースは左だけど右のほうが近いんでオレはそっちにいきます
その後の分岐を左にいきます
旧津別スキー場 015

木のアーチ
どうなったらこうなるんだ、雪の重み?
旧津別スキー場 016

その後もとの道に合流
スキー場がみえてきました
旧津別スキー場 021

スキー場に到着、1時間20分かかりました
旧津別スキー場 024

レストランの面影はありません、プレハブが1つあるだけ
旧津別スキー場 025

背中が汗でぐっしょり、フリースも脱ぎます
遠くからみたら人に見えるかも
旧津別スキー場 027

ここにはこの看板がいくつも立ってます
よほどスノーモービルが入ってたんだね~
旧津別スキー場 030

最初の坂は急でガリガリ、シールも効かないのでツボ足で行きます
まさかスキーとボードをかついで登るとは( ´△`)
旧津別スキー場 032

スキーのトレースはここで消えてました
ここの斜面を滑りに来ただけなんだね
その後は長いなだらかなコースをひたすら歩きます
旧津別スキー場 038

旧津別スキー場 041

遠くに頂上がみえてきました
旧津別スキー場 042

上のコースまできました、
なつかしい~、ここにキッカーがあってビビりながら飛んでたっけ。
旧津別スキー場 046

ここはリフト降り場
旧津別スキー場 048

こっちがゴンドラ降り場
旧津別スキー場 050

屈斜路湖も見えます、約3時間半かかりました
標高で970ちょいあるのでさすがにちょっと寒いです
旧津別スキー場 062

記念撮影するよ~、並んで並んで~( ´△`)
旧津別スキー場 054

今日はカップ麺じゃなくインスタントをたべます
旧津別スキー場 055

こんなのがあるんだね~ 別売りのかやくってとこだね
旧津別スキー場 056

これで卵があれば完璧なんだけどな~
残った汁はおにぎりを入れて雑炊にして食ってしまいましょう~
旧津別スキー場 057

腹も満たされたので隣のサマッケヌプリに行ってみます
ここもガリガリの上にうっすら雪が乗ってるだけ
ツボ足でいきます
旧津別スキー場 066

この木がピークのようです、15分ほどで着きました
標柱があるらしいけど埋まっててわかりません
旧津別スキー場 067

木がじゃまで屈斜路湖はいまいち、夏ならもっと見えないね
旧津別スキー場 069

藻琴山方面はよくみえます
旧津別スキー場 093

誰かいるかな~、わかりません( ´△`)
旧津別スキー場 071

少し移動すると雄阿寒岳
旧津別スキー場 084

と雌阿寒岳がみえます
この角度ははじめてみたかも
旧津別スキー場 087

スキー場に戻り下山します
スキーは短いのでこんなかんじで背負っていきます
旧津別スキー場 096

雪が硬いので緩斜面もなんとか止まらずにきました
かかった時間は10分、登りはあんなに苦労したのに( ´△`)
旧津別スキー場 100

このあとは林道をいきます
途中、登りがあって一回板をはずしたけどあとはストックでなんとか進みます
旧津別スキー場 104

遠くに誰かいます
スノーシューのカップルのようです
男の人が座り込んでいたので「大丈夫ですかー」
と声をかけたら「大丈夫です」と
単にバテてただけのようです、紛らわしい!
スキーを背負ったオヤジが上からスーッと滑ってくるからかなり異様な光景だったかも( ´△`)
旧津別スキー場 107

20分でゲートまできました
まだ2時半、今度はもっとパウダーがあるときに上のコースで遊ぶことにしよう
旧津別スキー場 108

その後温泉にいきます
こっちからの看板はまだフォレスターになってる
旧津別スキー場 111

「森つべつ」日帰り500円
さっきの人はここの客だったんだね
玄関に同じスノーシューがレンタルされてました
旧津別スキー場 114

帰りに美幌でラーメンを食べて帰ってきました
またラーメン( ゚Д ゚ )
旧津別スキー場 126
2012-04-09(Mon)
 

お供山

今年は春が遅いです
春はどこまできてるのか町のお供山に行ってみます

階段には雪はないようです
お供山 002

上のほうはまだあるね、一応スノーシューも持ってきました
お供山 003

チャシ跡
お供山 005

立ち入り禁止になってます、行ってみます(ΦωΦ)
お供山 006

なるほど、危険です
お供山 008

10分ほどで展望台につきます
お供山 009

湖が一望できます
お供山 010

何をみにきたかというと、氷の状態。
まだ川のほうはけっこうあるね~、これが岸離れをすると春です
流れの強いところは解けてるみたいなんでもうそろそろだね
お供山 011

弁天島
お供山 017

フェリーの桟橋もまだ残ってるんだね~
40年ほど前までは橋がなかったのでこれで行き来してました
お供山 018

散策してみます、ここからはスノーシューじゃないと埋まります
お供山 040


お供山 051

これが逆さ松
お供山 053

もとの木はもう腐ってるじゃない
それで補強してるんだね~、あと何年もつことやら
お供山 056

新鮮なチョコボール?もいっぱい
お供山 041

ということで鹿もいます
お供山 063

山の端まできました
ここ雪があったらハーフパイプになるんじゃない?
来年、きてみるかな
お供山 067

きた道を戻ります
お供山 068

日が傾いてきたので帰りましょう
お供山 096
2012-04-07(Sat)
 
プロフィール

はまちゃん

Author:はまちゃん
夏は登山

摩周岳・西別岳・藻琴山・サホロ岳・雌阿寒岳・阿寒富士 雄阿寒岳・白湯山・辺計礼山・白雲山・天望山・東雲湖・武華岳 黒岳・桂月岳・旭岳・武佐岳・斜里岳・武利岳・仁頃山・標津岳 東ヌプカウシヌプリ・西ヌプカウシヌプリ・原始が原・上ホロカメットク・十勝岳・岩石山・トムラウシ・平山・比良麻山・羅臼岳・お鉢平・北鎮岳・剣山・ニペソツ・永山岳・比布岳・安足間岳・白雲岳・緑岳・赤岳 当麻岳・沼ノ平・高原沼・ウペペサンケ・アトサヌプリ・美羅尾山・姿見駅・黒岳駅・雨竜沼湿原・芦別岳・利尻富士・南斜里岳・中斜里岳・東斜里岳・十勝幌尻岳・伏美岳・アポイ岳・富良野岳・美瑛岳・羊蹄山・駒ヶ岳・アンギラス・ニセイカウシュッペ


-BC-
美羅尾山・藻琴山・天狗岳・津別峠・サマッカリヌプリ・黒岳

冬はボード

ビラオ・阿寒湖畔・阿寒ロイヤルバレイ・鶴丘・
メビウス 若松・北大雪・金山・津別・糠平・サホロ・
トマム・メムロ 白銀台・マウントレースイ・日勝
・旭岳・カムイスキーリンクス
比布・富良野・国際・ニセコ・キロロ・オーンズ・
テイネ 盤渓・藻岩山・ルスツ・真駒内・ピヤシリ・黒岳・明野ヶ丘・レークビュー・明野ヶ丘・ウナベツ

フリーエリア
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

自作オセロ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR