グレートトラバース

11月29日

「グレートトラバース日本百名山一筆書き」の最終回が終わりました
ホントは先週だったんだけど長野の地震で中断、1週間延期になりました

最後ということで陽希さんのFBのコメントは500
「いいね」は3000を超えてました
やっぱり利尻島のカヤックのところはすごかったね
そのかわり、十勝岳~羅臼岳はかなりカットされてあっという間
やっぱり東北と北海道は分けるべきだったね

このチャレンジを見て、多くの人が感動したとか勇気をもらいましたとかはわかるけど
あきらめてきた百名山をもう1度やってみますとかという人もいて
正直、やめとけと思ったね

百名山については前にちょっと書いたけど
もう深田さんが登ったころの山とは違うし
百名山を踏破したところで、褒めてくれるのは
百名山をやってる人だけだとおもう

自己満足の世界だから何をしようが自由なんだけど
やっぱり放送をみてみると百名山信仰は根強いね
本州は「日本百名山○○岳」と標識にもしっかり書いてるし
集客の決め台詞になってるみたい

北海道は深田さんが登ってない山がけっこうあるせいか
そんなに百名山にはこだわってないんじゃないかと
9座以外にもっといい山があるのを知ってるというのもあるかも

深田さんは生前、百名山の入れ替えもする予定だったらしいけど
亡くなってしまったんでそれっきり
その意志を継ぐ人もいなく、深田さんの本を超える作品も出てないから
深田百名山=日本百名山で定着してしまったということらしい

話がそれたけど
陽希さんも百名山に登るのが一番の目的ではなく
人間の足で歩くということをやってみたかったらしいし
この旅を通じてアドベンチャーレーサーとしてのスキルアップを目指していたんだとおもう

長くなったけど百名山以外の山はすたれ
中高年の遭難はまだしばらくは続いて行くことになりそうだね

グレートトラバースの最終回は12月7日にも再放送されるようです
ヘタな映画よりもずっとおもしろいです

この写真は斜里岳でオレが陽希さんのカメラで撮ったものです( ´△`)
斜里岳 陽希





スポンサーサイト
2014-11-30(Sun)
 

しばれ祭り 申し込み

そろそろ12月、最低気温もマイナスになってきました
何気なく「しばれフェスティバル」のHPをみてみると

申し込みが12月の19~21日になってる!
いつもは年明けなのに
去年は300人の募集に600人が申し込み
キャンセル待ちでなんとか参加できたけど、今年はどうなるのか

それ以前に行く人はいるのか?
http://www10.ocn.ne.jp/~shibare/img/taikantest/jizen_info.gif

ということでブログでも参加者を募集します
今回は炭をおこして焼きガキでもしようかなと(ΦωΦ)
抽選に当たればの話( ´△`)

動画でも貼っておくか
[広告] VPS


2014-11-26(Wed)
 

アトサの湯

11月23日

今日は久々にアトサの湯に行ってみます
ホントはもっと早く行きたかったけど
御嶽山の噴火でここも注目されてるらしいんでしばらく様子を見てました

車の跡が
立ち入り禁止なのにちょいちょい車が来るんだよね、
行政じゃなければいいけど
アトサの湯 001

温泉は無事ありました
誰か来た跡があるね~
でもシートの穴はそのままのようでお湯は半分しかたまってない
これなら足湯もしくは尻湯程度にしかならないね
アトサの湯 003

シートの穴を直そうと思ってテープとか持ってきたけど
それをするには一回お湯を出してまた石を組み直さないとならないので
買ったほうが早いなと思い途中でシートを買ってきました

元のシートより小さいけど穴の空いてるところはわかってるので
そこの上に敷いてお湯を溜めます

その間にサツマイモをセットしにいきましょう
アトサの湯 004

あと、凧も持ってきました
この前の武佐岳の時にも持って行ったんだけど風が強くて壊れてしまいました( ´△`)
ということで壊れない骨のないタイプを買いました、またオークションで( ´△`)
これがまたうまく揚がらない
すぐに丸まってしまう、左右の糸の長さも違う気もする
やっぱり骨がないとダメなんじゃない?
うまくいったら空撮しようとおもったのに
アトサの湯 006

お湯が溜まったので入ることにします
気温は3℃、風もありめっちゃ寒い
でもお湯は50℃以上、めっちゃ熱い
ホースを外して適温になると極楽
結局1時間近くに入ってたんじゃないかと( ´△`)
アトサの湯 007

雪が降る前にもう1回くらい来たいね~
アトサの湯 008

帰りに夕陽を撮ろうとおもい900草原へ
でもすでに陽は沈んでました( ´△`)
アトサの湯 015

サツマイモは家で食べました
この安いイモでも十分うまいけど今度は安納芋でやってみるかな
ちょっと高いけど( ´△`)
アトサの湯 021
2014-11-23(Sun)
 

武佐岳

11月16日

今日は武佐岳に行きます
黒岳スキー場も考えたけどまだタイヤ交換してないしワックスも塗ってないし
夏タイヤで行けるのは道東だけだなと( ´△`)

駐車場に車は1台だけ
登山道がブルで削られてる
武佐岳 001

そのおかげでけっこうグチャグチャ( ´△`)
武佐岳 002

あちこちで木が伐採されてる
しばらく来ないうちにこんなことになってるとは
武佐岳 003

山小屋はもう冬支度、窓にビニール
武佐岳 006

水場はチョロチョロ
武佐岳 007

山頂が見えてきました
武佐岳 009

気温は3℃風もあり寒いです
8合目で3人組が休んでたので上に誰かいましたか?と聞いたら
寒いからここで引き返すという、まじかいここまできて?
武佐岳 013

登ってきた稜線、雪がちらつき寒いですヾ(・ω・o) ォィォィ
武佐岳 017

ピークが見えてきました
武佐岳 019

登頂、上になんか付いてる、何かはわかりません
気温は-3℃、カップ麺も持ってきたけど風が強くてムリ
下山します( ´△`)
武佐岳 021

雲が晴れそうで晴れない
武佐岳 026

[広告] VPS


8合目まできたら晴れました、遅いわ( ´△`)
武佐岳 043

今日はいい天気の予報なんだけど武佐岳はオホーツクの天気に近いのかも
武佐岳 047

山小屋で遅いご飯
武佐岳 048

このストーブ、この前のキャンプ場のと同じだ
この型が流行ってるのかな( ´△`)
武佐岳 050

伐採された枝が大量に落ちてるのでよさそうなのをもらっていきます
武佐岳 053

これで正月の松は買わなくていいね(ΦωΦ)
武佐岳 055

来るときに前はなかったこの看板が気になったんだよね
武佐岳 056

ゲートで閉まってたんだけど、もしかしたら来年は
登山口が変わるのかな~
そうすると少し短縮されるかもしれないね~
武佐岳 057

とりあえず雪が降るまえに登れてよかったね
これで夏登山は終わりかな
もう雪山の準備だね
武佐岳 059

その後、中標津のマルエー温泉に行きます
いつも保養所温泉ばかり行ってたのでここははじめて
ホテルということでそんなに広くもなく露天もないけど
お湯はとってもつるつる、PHは9だったかな
かなりのアルカリ温泉だね
武佐岳 061

その後ラーメン屋に
「たら福」一番人気のこがしネギみそラーメン800円
120円追加でドリンクバーもあるということでそれも
最初炭酸を飲んでラーメンと一緒にお茶をガブガブ飲みながら食後にコーヒー( ´△`)
武佐岳 062


たらふく食ったね       ・・・そんなしょうもないオチで( ´△`)
2014-11-16(Sun)
 

うにめし丼

そういえば利尻で買ったうにめし丼まだ食べてない
ということで食べることに

折角なんでお釜で(ΦωΦ)
おこげもできるかもしれないんで
うに丼 001

できました、う~んマズそう( ´△`)
うに丼 002

写真と全然違う
イクラの差か、いや違うね~
利尻島 217

よくこれで殿堂入りしたね~
これで上に生うにを乗せればいいかもしれないけど
火を通したウニはウニじゃないね
カキもそうだけど、味じゃなく名前で買うんだよね
特に都会の人は( ´△`)



2014-11-10(Mon)
 

カムイミンタラキャンプ場②

2時半。オーナーの長い話から解放され、やっと寝れることに
すると隣からイビキが( ´△`)
そうか酒飲んだしな~そうなるか

でもそんなにひどいイビキでもないし、時々止まるしヾ(・ω・o) ォィォィ
ということでいつの間にか就寝

11月5日
朝起きてみるとまだ6時前、たしか6時半にはアラームをセットしたというから
起きて散歩でもします
昨日の風はおさまり、朝だけど昨日よりもあたたかい
キャンプ 045

木製の窓枠なんでカーテンが2重にしてあります
キャンプ 046

この木がシンボル的なかんじ
キャンプ 049

開校は大正6年、尋常小学校時代
キャンプ 048

奥にも広いサイトがあります
キャンプ 050

小さな川も
キャンプ 055

中に戻り、台所、宿泊者は自由に使えるとのこと
鍋やフランパン等もあります
キャンプ 042

冷蔵庫には飲み物がいっぱい入ってて
お金は上の瓶に入れるようです
キャンプ 044

もう一つの部屋はベッドが2つ、
キャンプ 043

もう7時になるというのにHさんが起きてこない
行ってみるとバッテリーがなくなりアラームが鳴らなかったらしい( ´△`)
ここは圏外だから電波を探すのにバッテリーを消耗したのかも

昨日買ったピザとパンをオーブントースターで焼いて食べて帰る支度をします
Hさんも川をチェック。これなら子供も遊べるね
キャンプ 056

帰り際、オーナーもやってきて挨拶
Hさん9時までに家に帰らないとならないのに大丈夫か
なんとか話を10分で切り上げて出発( ´△`)

途中の牧草地で丹頂もいました
キャンプ 059

オレは特に急がないのでコイトイで休憩
キャンプ 066

船をズーム
すごいカモメ、これはたぶんシシャモ漁だね
キャンプ 063

その後、ふみぞの湯に入って帰宅
昼からは仕事だったんだけどとっても寝不足
歳をかんじたね( ´△`)



2014-11-06(Thu)
 

yamanonakaカムイミンタラキャンプ場

11月4日

今日はHさんに誘われキャンプに行くことに
今時期キャンプ場はもうやってないよ、というと
ここはやってると。音別のカムイミンタラキャンプ場

どうしてもたき火がやりたいという、浜でやれば?と思ったけど
ここのキャンプ場でやりたいと、で聞いてみた話では
テントサイトでのキャンプはできないけど宿泊ならOKだと
たき火もOK、宿泊は1500円ということでそれなら泊りで行こうと

音別の国道から山に向かい20km
なんとか日没までに着きました
キャンプ 007

早速管理人の方がいて案内してくれます
キャンプ 011

閉校してボロボロだった霧里小学校を20年ほど前に自分で改装したそうです
霧里という地名はアイヌ語で行き止まりという意味らしい
キャンプ 012

日が暮れてたき火をすることに
ただ今日は風が強く寒い( ´△`)
車を風よけにしてたき火をします
キャンプ 020

辺りは真っ暗、熊が出てもわかりません( ´△`)
キャンプ 021

ホントは中で焼肉と思ってガスコンロを持ってきたけど
中には本もあるしピアノも3台ある
鍋はいいけど焼肉はNGだと。そりゃそうだろうね~
とういうことで外でやります
ホッキやらコマイを焼きます
キャンプ 025

カキとシイタケも
このシイタケは前に浦幌で買ったシイタケの木になったもの
細い木は秋になるかもって言ってらホントになってた
キャンプ 026

ホットワインも飲みます、が寒くて全然あったまりません( ´△`)
キャンプ 031

腹もいっぱいになったので中に入ります
すごい本の数、マンガだけじゃなく小説や歴史物
車やアウトドアの雑誌などがあります
キャンプ 035

ピアノは奥さんが弾くらしい
キャンプ 036

中は薪ストーブと灯油ストーブがあり温かいです
しばらくすると薪をくべに管理人さんがきました
キャンプ 037

この管理人さんがとっても話好き、絶え間なくずっとしゃべってます
で若い時から北海道を旅してまわってたということでなんでも知ってる
キャンプ 038

結局2時半まで( ´△`)
寝るって言わなかったら朝までしゃべってるね
寝る部屋は隣の和室、ストーブもあるのでオレは毛布で寝ます
キャンプ 040

Hさんは人型のシュラフを買ったようです
これはトイレに行く時に寒くなくていいです
でも夏は暑いらしい( ´△`)
キャンプ 041

~つづく~

2014-11-05(Wed)
 
プロフィール

はまちゃん

Author:はまちゃん
夏は登山

摩周岳・西別岳・藻琴山・サホロ岳・雌阿寒岳・阿寒富士 雄阿寒岳・白湯山・辺計礼山・白雲山・天望山・東雲湖・武華岳 黒岳・桂月岳・旭岳・武佐岳・斜里岳・武利岳・仁頃山・標津岳 東ヌプカウシヌプリ・西ヌプカウシヌプリ・原始が原・上ホロカメットク・十勝岳・岩石山・トムラウシ・平山・比良麻山・羅臼岳・お鉢平・北鎮岳・剣山・ニペソツ・永山岳・比布岳・安足間岳・白雲岳・緑岳・赤岳 当麻岳・沼ノ平・高原沼・ウペペサンケ・アトサヌプリ・美羅尾山・姿見駅・黒岳駅・雨竜沼湿原・芦別岳・利尻富士・南斜里岳・中斜里岳・東斜里岳・十勝幌尻岳・伏美岳・アポイ岳・富良野岳・美瑛岳・羊蹄山・駒ヶ岳・アンギラス・ニセイカウシュッペ・愛別岳・石垣山・音更山


-BC-
美羅尾山・藻琴山・天狗岳・津別峠・サマッカリヌプリ・黒岳

冬はボード

ビラオ・阿寒湖畔・阿寒ロイヤルバレイ・鶴丘・
メビウス 若松・北大雪・金山・津別・糠平・サホロ・
トマム・メムロ 白銀台・マウントレースイ・日勝
・旭岳・カムイスキーリンクス
比布・富良野・国際・ニセコ・キロロ・オーンズ・
テイネ 盤渓・藻岩山・ルスツ・真駒内・ピヤシリ・黒岳・明野ヶ丘・レークビュー・明野ヶ丘・ウナベツ

フリーエリア
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

自作オセロ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR