愛冠岬

7月19日


朝、時間があったので愛冠岬に行きました

なんで愛冠かというと

ある人にお祝いメッセージを頼まれていて

ここは愛の鐘があるのでいいんじゃないかと( ´△`)


メッセージ動画はサプライズということで見せれないけど

ついでにドビーも飛ばしました

今回は45°と0°

だた風でブレるんでいまいち( ´△`)

鹿もいたんでそっちを撮りましょう

おもったより逃げないね

興味津々で見てる

これで熊とか撮れたらおもしろいんだろうけどヾ(・ω・o) ォィォィ


[広告] VPS



スポンサーサイト
2017-07-20(Thu)
 

白雲山

7月9日


朝から気温が高いです

3日目ということで今日はクールダウンで白雲山にいきます

写ってるのは東ヌプカ

DSC05895.jpg


ではお父さん、行ってきます

「うむ、熊に気をつけるんじゃぞ」

DSC05900.jpg


しかし暑い、クールダウンじゃないね

ホットアップ( ´△`)

DSC05903.jpg


でも木陰はまだまし

DSC05905.jpg


林を抜け急登

このあたりでナキウサギの声が聞こえだす

でも草で見えません

DSC05919.jpg


最後の岩場を登ると

DSC05931.jpg


ピークです

珍しく誰もいません

DSC05932.jpg


と思ったら下におじさん1人

ナキウサギ探しをしてるようです

DSC05934.jpg


服を干して休憩

DSC05947.jpg


あー、ダニがまだ登頂中( ´△`)

DSC05948.jpg


オレもナキウサギ探しをしますがたま~に声がするだけで見つかりません

ここは基本あまりいないよね、人が多いっていうのもあるし

下にいたおじさんもあきらめて下山するようです


道を間違えるおじさん( ´△`)

DSC05944.jpg


間違いに気づき戻ってくるおじさん( ´△`)

DSC05946.jpg


何人かやってきたので下山しましょう

服も乾いたしね

天気は下り坂

DSC05941.jpg


遠くには大雪、どこかはわかりません

DSC05960.jpg


岩石山で少しナキウサギ探しでもしようかなとおもったら

カメラを落とす

DSC05955.jpg


ちょっと凹んだようでレンズが出ない( ´△`)

ナキウサギはあきらめましょう

白雲山 020


その後はスマホで撮りながらゴール

駐車場につくと誰もいないのでドビーを飛ばしてみます

と思ったら誰かきた


すぐに帰るのかとおもったら車からイスを出して

日光浴をはじめました

日光浴って。若者なら

山に登るとか、登山をするとかすればいいのに(ΦωΦ)


上の登山口のところで飛ばしました

後ろが山なんでいまいち( ´△`)


コンビニに行ったら街中は33℃、うだるような暑さです

露天風呂のぬるいしほろ温泉にいきます

が、いつもより熱い

気のせいかと思ったら違う、内風呂はいつもどおり


冬はぬるくて夏は熱いってどういうこと( ´△`)

気温が下がるまで休憩室でダラダラしてから帰ってきました

白雲山 032


[広告] VPS




2017-07-17(Mon)
 

ニセイカウシュッペ②

アンギラスから戻りあとは下るだけ

ここからみるとギザギザも丸っぽいね

DSC05869.jpg


お花畑街道、ちょっとだけだけど

DSC05872.jpg


なんか犬に見える、上をみてるかんじ

DSC05875.jpg


分岐があったので行ってみます

DSC05876.jpg


道はなくなってました

朝暘山に続く道だね、今は廃道

DSC05877.jpg


今日はアンギラスに行く予定じゃなかったので

水がなくなりました

でも冷凍のがまだ半分以上ある

これを溶かしながら飲みましょう( ´△`)

DSC05880.jpg


看板が。朝はあったのに

DSC05883.jpg


誰か落としたね

DSC05884.jpg


4時半にはゴール

誰もいません

DSC05888.jpg


ゲートもちゃんと閉まってます

まだオレがいるんだから開けててくれてもいいのに

DSC05889.jpg


上川で適当な店に入ります

DSC05890.jpg


黒塩ラーメン

見た目よりあっさりしてます

DSC05891.jpg


でも登山軒のほうがうまいね( ´△`)

その後、黒岳の湯に入り

三国峠を越え上士幌へ


道の駅は混んでるだろうから

登山口のヌプカの里に行きます

トイレもあるしここも穴場


と思ったら5台くらいいた

もう寝てるみたいなんで早めに就寝


[広告] VPS


2017-07-15(Sat)
 

アンギラス

ニセカウの分岐からアンギラスへ

アンギラスっていうのは俗称で

正しくは軍艦山


登山道はないけど道はあります(ΦωΦ)

まず手前の山を登るようです

DSC05805.jpg  


で、中腹から下ります

DSC05806.jpg


時々ハイマツや笹に覆われてますが

下に道があります

DSC05808.jpg


コルには雪渓

熊が横切るとしたらこのあたりかな~

足跡はないようだね

DSC05810.jpg


岩場にとりつきました

DSC05817.jpg


でも横をトラバースするかんじかな

DSC05815.jpg


ここはちょっと危険

DSC05823.jpg


岩峰をいくつか越えます

途中ハイマツ帯に当たり、けっこうな藪漕ぎというか枝渡り

ここでいいのかと思いながら行ったら違った( ´△`)

10分くらいだと思うけどめっちゃ体力使った

DSC05837.jpg



下は絶壁、高所が苦手な人は見ない方がいいでしょう( ´△`)

DSC05833.jpg  


ピークは後ろから回り込むかんじ

50分かかった

さっきの藪漕ぎがなければ40分ってとこか

DSC05834.jpg


平山

DSC05831.jpg


猫岩。オレはニャンギラスって言ってる( ´△`)

DSC05829.jpg


猿岩、これも勝手に付けた( ´△`)

DSC05830.jpg


ピークでしばし休憩

風はあるけどたまに止むときがあるんでドビーを飛ばしてみます

が、突風が吹いてやっぱりダメ、すぐに戻しました

ここで落ちたら回収不能だからね( ´△`)


あまり休んでたら熊が来るかもしれないんで下山します

先ほど間違ったところ

これが正解

DSC05836.jpg


よくみたら小さいテープもある

DSC05839.jpg


下に道があるから行っちゃうんだよ

平山からも同じようなところがあったし

DSC05840.jpg


ニセカウ方面の雪渓

securedownload2.jpg


何度も後ろを振りかえながら

DSC05847.jpg


雪渓のところに何かある

豆かとおもったら違う

歯だね、鹿かな~

DSC05850.jpg


帰りはこの登り返しが笹漕ぎなんでちょっと大変

DSC05852.jpg


分岐に戻ってきました

往復2時間だね

もう誰もいません

DSC05862.jpg


マツヤニでズボンが汚れた

これ洗濯してもなかなか落ちないんだよね~

DSC05864.jpg


まだ14時半、気温は高いのであまり早く下には行きたくないね~

ゆっくり行きましょう

DSC05868.jpg  


これで平山からの道がつながったことになるね

間違えやすいところもわかったんで日帰りでも行けそうだね

問題は熊か( ´△`)


~つづく~



2017-07-14(Fri)
 

ニセイカウシュッペ

7月8日


昨日の疲れもあるけど足はそうでもないんで

今日はニセイカウシュッペに行きます


ニセカウは、まだ未踏なんだよね

平山方面は何回も行ってるんだけど

ここまで来るとつい表大雪に行っちゃうんだよね( ´△`)


国道からの入り口を見つければ、あとはずっと看板があります

DSC05737.jpg


ゲートには鍵がついてます、週末は開いてるって言ってたけど開いてないじゃない

番号は控えてるのでよかった( ´△`)

DSC05738.jpg


駐車場はほぼいっぱい

端にとめます

DSC05741.jpg


8時半スタート、ゆっくりいきます

それでもすぐに汗だく、今日も暑くなりそうです

DSC05742.jpg


○合目ではなく頂上までの距離が書いてます

DSC05750.jpg


花もちらほら

DSC05757.jpg


稜線の内側に道があるのでなかなか風が当たりません

表大雪が見えてきました

どこだろう?凌雲岳?

DSC05764.jpg


これは愛別岳かな~

DSC05765.jpg


大槍と

DSC05761.jpg


小槍

DSC05762.jpg


雪渓もあります

DSC05780.jpg


アンギラスが見えてきました

DSC05788.jpg


誰かピークに立ってる

DSC05791.jpg


これは平山にいっぱいあったタカネシオガマじゃない?

DSC05793.jpg


ピーク、2時間半くらい

風があり涼しい

DSC05802.jpg


昨日登ったところを見ながら早めのご飯

securedownload.jpg


やっぱりこっちからだとアンギラスは近いね~

DSC05806.jpg


ちょうど戻ってきた人がいたので聞いてみたら

熊の糞や気配はなかったと

3人行ってたようなんで、熊よけにもなったんじゃないかと

DSC05805.jpg


まだ12時前、天気もいいんでアンギラスに行くことにします(ΦωΦ)


~つづく~





2017-07-13(Thu)
 

三笠新道

分岐をあとに三笠新道に向かいます


管理人は雪がやわらかいんでアイゼンなしでも大丈夫なんじゃないかと

言ってたけど大丈夫じゃない

軽アイゼンでやっと下りれるかんじ( ´△`)

DSC05708.jpg


夏道が出てないのでGPSで確認しながら行きます

ここは熊が住み着いてるということなんでキョロキョロしながら行きます

今は雪渓があるからいいけど、見通しのない夏は怖いかも

DSC05710.jpg


下りてきました

ザックの重いYさんは大変だったんじゃないかと

DSC05712.jpg


あとは沼巡りのコースに出るだけなんだけど

雪渓で道がありません

沼もまだ凍ってるし( ´△`)

DSC05714.jpg


分岐近くに行くと熊鈴の音

中のほうから「もっとそっちですよー」と

パトロールの人でした


その後も夏道は出てないので

雪渓を使い迂回するかんじ

DSC05715.jpg   


時間的にギリギリなんでパトロールの人も後ろから付いてきます( ´△`)

DSC05718.jpg


沼巡りも緑沼までしか来れないとのこと

DSC05723.jpg


紅葉の時とは全然違うね

DSC05722.jpg  


途中からは大量の虫がいて

刺すタイプなのでキンカンをつけながら

逃げるように歩きます


左回りの分岐

こっちから行けば近いんだけどダメだっていうから仕方ない

行く人は行くみたいだけど( ´△`)

DSC05729.jpg


3時10分、ゴール

ちょっとオーバーしたけど範囲内だね

中には夕方おりて来る人もいるとか( ´△`)


忠別岳には行けなかったけど

三笠新道を通れたからOKだね

だいたい7月の上旬には通れなくなるみたいだけど

今年は熊の目撃が2回しかないということでまだ通れるんだとか

ラッキーだったね



その後温泉に入ります

露天風呂がこの前より熱かった

日によって変わるんだね


林道に糞が。誰かタイヤで踏んだみたい

こっちにきてたんだね( ´△`)

DSC05734.jpg


その後、上川の道路ステーション?まで行って車中泊

ここは穴場です、できれば誰にも教えたくない(ΦωΦ)


Yさんに買ってもらったビールを飲みましょう

秘湯ビール

なんでも日持ちがしないんだとか


でも栓抜きがない

調べたらカラビナで開けることができるとか

開きました、持っててよかった( ´△`)

DSC05735.jpg  


10時には就寝

朝が早かったせいか次の朝まで

一度も起きずに寝れたね( ´△`)


[広告] VPS









2017-07-12(Wed)
 

高根ヶ原②

三笠新道の分岐をあとに忠別へ


先が見えなくて長いね~

いや先が見えるから長く感じるのか( ´△`)

DSC05688.jpg


旭岳方面

白雲から見えるゼブラを正面から見てるかんじだね

DSC05686.jpg


コマクサが群生してるところもありました

DSC05684.jpg


ここはトムラウシへの縦走路なんであまり人には会いません

スライドしたのは3組だったかな

DSC05677.jpg


忠別沼手前の丘あたりで

見覚えのある姿

Yさん発見、忠別岳から戻ってきたようです


サブザックを背負ってるので聞いてみたら

分岐のザックはYさんのものらしい

帰りは三笠新道を行く予定だという


まじか、三笠新道ならオレも行きたい

ただ3時までにヒグマセンターに戻らないとならない決まりなんで

忠別岳に行くと間に合わない


なので忠別岳が見えるところまで移動してそこを折り返しとします

DSC05695.jpg


こっちからみるとけっこう崩れてるね

DSC05692.jpg


小屋を5時半に出たとか

それなら追いつかないはず( ´△`)

DSC05699.jpg


トムラウシもちょこっとみえてます

DSC05697.jpg


分岐まで戻り、メインザックへ

1泊といいながらけっこうな重さです

DSC05702.jpg


小屋は団体がいてあまり寝れなかったらしい

ツアーの人達は小屋泊が当たり前だと思ってるからね

あそこは山小屋じゃなくてあくまでも避難小屋なんで

悪天候じゃなければテントで寝ればいいのに

団体の人達は楽しいだろうけど

単独の人は肩身の狭い思いをするからね( ´△`)


時間もあまりないんで小休憩のあと

三笠新道に向かいます


~つづく~


[広告] VPS



2017-07-10(Mon)
 

高根ヶ原

7月6日


今週末は港祭りです

なぜか祭りに関係ないうちらも強制的に休み

寄付金やらご祝儀をとられるだけでバカらしいです

ということで?今年もうるさい街から脱出です( ´△`)


今年はどこへ行こうかと思ってた時に

去年愛別岳で会ったYさんが小屋泊で忠別岳に行くというので

1日早めてオレも便乗しようと思います


が、メールの受信がうまくいかなかったようで

当日、電話がきてたんだけど仕事で出れず

電話をしたときはすでに圏外にいるようでつながりませんでした


なので場所や時間が決定しないまま出発~( ´△`)

10時過ぎ、高原温泉に到着、駐車場は真っ暗です

車中泊の車も何台かいるようなんで静かに行きます

DSC05601.jpg


今日は気温高かったから寝れるかな~と思ってたけど

そこは高原、涼しくなっててよかった


7月7日

朝、4時頃起きて支度をします

高原沼から三笠新道を行けば忠別は近いんだけど

ヒグマセンターが7時からなのと

去年の台風で道が崩れ右回りしか行けないということで

また緑岳経由で行きます

DSC05602.jpg


4時50分スタート、とっくに陽は昇ってるけど

熊のいるところで薄暗いうちには行きたくない

それ以前に起きれないけど( ´△`)

名簿をみるとYさんの名前があるんで登ったことは確認できました

DSC05607.jpg


横になってた看板も立てたね

DSC05609.jpg


雪渓もだいぶ溶けてきました

DSC05612.jpg


でもこの前より固くなって歩きずらい

スプーンカットってやつだね

DSC05613.jpg


ここの岩場も夏道が出たね

DSC05620.jpg


高根ヶ原

今頃歩いてるかも

DSC05621.jpg


緑岳は風強いです

ささっと行きましょう

DSC05633.jpg



白雲小屋下の雪渓、

ここの沢で顔を洗いましょう

DSC05644.jpg


階段も短くなってる

DSC05645.jpg


白雲小屋に着きましたちょうど3時間だね

DSC05649.jpg


テントも増えてます

DSC05653.jpg


小屋にはもう誰もいません

管理人に聞いてみると、けっこう混んでたようで

誰が何時に出たかはわからないという


でもこの方なら高原温泉に行きましたよ、と

まじ?すれ違ってないけど( ´△`)

三笠新道から行ったのかも、と

え~、下りで新道使うか


とりあえず、忠別に向かいましょう( ´△`)

DSC05657.jpg


ここの雪渓長いし広い

ここなら滑れるね~、来年あたりソリ持ってこようかな( ´△`)

DSC05654.jpg


高根が原は花ざかり

DSC05660.jpg


ホソバウルップ草、これがいっぱい咲いてたね

DSC05663.jpg


三笠新道との分岐にザックがデポしてある

誰かいるのか、行ったのか

DSC05664.jpg


見に行ってみます

足跡はないようだね

戻りましょう( ´△`)

DSC05669.jpg


看板にいたずら書き

もしかして去年あちこちの標識にいたずら書きした外人2人組のじゃないの?

わからんけど( ´△`)

DSC05667.jpg


~つづく~





2017-07-10(Mon)
 

羅臼岳

7月1日


登山口までの道で車が2台とまってたので

これは早速熊か、と思ったら違った( ´△`)

川の写真を撮ってるとか、まぎらわしい


前は岩尾別の川には熊の写真を撮る人がいっぱいいたけど

今はパトロールの車が巡回してるからそう簡単には

みつけにくくなってると思う


すでに20人くらいは登ってるようです

DSC05419.jpg


熊に出くわさないように祈願してと( ´△`)

朝なのにすでに20℃を越えてるので暑いです

DSC05421.jpg


ギンリョウソウ発見

DSC05424.jpg


蟻がいっぱい

だからこのへんは熊が出るらしい

DSC05427.jpg


ウコンウツギがいっぱい咲いてたね

DSC05437.jpg


弥三吉の水で顔を洗います

DSC05444.jpg


銀冷水あたりで雪渓

DSC05453.jpg


雪玉を作って顔を冷やしながら行きます

DSC05456.jpg


大沢に出ました、

今年は細いね~、いつもなら上までびっしりなのに

DSC05460.jpg


上の方は急です

でもザクザクしてるのでアイゼンはいらないね

DSC05463.jpg


このあたりから花が多くなります

DSC05473.jpg


知床5湖の木道

DSC05466.jpg


羅臼平

DSC05479.jpg


後ろ

DSC05484.jpg


岩清水の水出てる場所が変わったね

DSC05496.jpg


ペットボトルを置いていきましょう

DSC05498.jpg


山頂下にも雪渓がある

ここは急なんでアイゼンとヘルメットを付けてたね

DSC05506.jpg


外人は短パン( ´△`)

虫に刺されないんだろうか

DSC05509.jpg


11時頃ピーク、4時間半かかったね

気温が高くもやってます

DSC05513.jpg  


羅臼の街

DSC05518.jpg


三角点

DSC05520.jpg


ご飯にします

この卵焼き、焼き目が付いたんじゃない

どうでもいいか( ´△`)

DSC05517.jpg


30分くらい休んで下山

雪渓で会ったじぃさんやっときたね

普通の靴で登ってきてるんだもの

危なっかしいったらありゃしない( ´△`)

DSC05524.jpg


水はちゃんと溜まってました

ここの水は冷たくておいしい

山頂近くにあるのがまたいい( ´△`)

DSC05530.jpg


誰かマネしたね

水の重さでひっくり返ってる

素人だね(ΦωΦ)

DSC05529.jpg


下りは軽アイゼンをつけてみます

せっかく買ったしね

やっぱり6本はいいね、安定してる

走ってもずれないので一気に降りれたね

DSC05542.jpg


男子(小便用)のトイレブースができたらしい

これは使わないかな( ´△`)

DSC05547.jpg


ここでまた顔を洗います

DSC05549.jpg


このあたりになるとどうしても上をみてしまいます

DSC05550.jpg


どの木かは忘れたけどこういうかんじの枝に熊がいて

上から威嚇されたからね

もしかしたらこれかもしれないけど( ´△`)

DSC05552.jpg


無事下山、やっぱり下は暑いね

DSC05557.jpg


温泉に入りたいけど露天風呂はずっとやってないんだよね

熊でも出たのかな~とおもってたけど

DSC05560.jpg


ホテルもやってない、真っ暗

廃業したといううわさ。

露天だけでも復活すればいいのに( ´△`)

DSC05558.jpg


[広告] VPS




2017-07-04(Tue)
 

オロンコ岩

ウトロの道の駅に着くと車がいっぱい

もう駅は閉館してるのに

100台はいるんじゃ?これ皆車中泊?


たぶんここに滞在してるんだと思う

いくら道の駅はマナーがいいといいながら

ドアの開け閉めの音で寝れなさそう


ということでオロンコ岩の駐車場に移動

ここは狭いけど誰もいないのでここにしましょう

トイレもあるしね


7月1日

朝、カモメの鳴き声で目が覚める

漁師の人も動きだし船も出航準備で騒がしくなってきたんで起きましょう


誰もいないうちにオロンコ岩に登ってみます

ここの階段けっこう段差があるんで朝一にはキツイね~

ヒザがもう痛い( ´△`)

DSC05409.jpg


夕陽がキレイなところなんだけど

さすがに昼間は人がいっぱいでドビーは飛ばせないでしょう

DSC05411.jpg


遊覧船も準備しだしたね

DSC05413.jpg


知床連山も見えます

DSC05414.jpg


風はそんなにないので30mくらい飛ばします

90°と0°と2回飛ばすともうバッテリーがありません

でも安定した映像がとれたんじゃないかと


今日も暑くなりそうなんでコンビニで冷凍ドリンクを買って登山口へ


~つづく~


[広告] VPS

2017-07-03(Mon)
 
プロフィール

はまちゃん

Author:はまちゃん
夏は登山

摩周岳・西別岳・藻琴山・サホロ岳・雌阿寒岳・阿寒富士 雄阿寒岳・白湯山・辺計礼山・白雲山・天望山・東雲湖・武華岳 黒岳・桂月岳・旭岳・武佐岳・斜里岳・武利岳・仁頃山・標津岳 東ヌプカウシヌプリ・西ヌプカウシヌプリ・原始が原・上ホロカメットク・十勝岳・岩石山・トムラウシ・平山・比良麻山・羅臼岳・お鉢平・北鎮岳・剣山・ニペソツ・永山岳・比布岳・安足間岳・白雲岳・緑岳・赤岳 当麻岳・沼ノ平・高原沼・ウペペサンケ・アトサヌプリ・美羅尾山・姿見駅・黒岳駅・雨竜沼湿原・芦別岳・利尻富士・南斜里岳・中斜里岳・東斜里岳・十勝幌尻岳・伏美岳・アポイ岳・富良野岳・美瑛岳・羊蹄山・駒ヶ岳・アンギラス・ニセイカウシュッペ


-BC-
美羅尾山・藻琴山・天狗岳・津別峠・サマッカリヌプリ・黒岳

冬はボード

ビラオ・阿寒湖畔・阿寒ロイヤルバレイ・鶴丘・
メビウス 若松・北大雪・金山・津別・糠平・サホロ・
トマム・メムロ 白銀台・マウントレースイ・日勝
・旭岳・カムイスキーリンクス
比布・富良野・国際・ニセコ・キロロ・オーンズ・
テイネ 盤渓・藻岩山・ルスツ・真駒内・ピヤシリ・黒岳・明野ヶ丘・レークビュー・明野ヶ丘・ウナベツ

フリーエリア
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

自作オセロ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR